HOME » 外壁塗装リフォームはじめて講座 » 色選びで失敗しないために

色選びで失敗しないために

このページでは、外壁の色を選ぶポイントをくわしく解説しています。

外壁の色を選ぶときの3つのポイント

住まいの印象を決定する外壁の色を選ぶのは、施主にとって想像を膨らませることができる一番楽しい瞬間です。しかし、壁の色は一度工事に入ってしまうとやり直しができないので、じっくりと専門家と相談しながら決定していかなければなりません。そこで、外壁の色を選ぶときの基本的な3つのポイントを紹介していきますので、こちらを踏まえて専門家と話し合い、理想の壁を実現していきましょう。

Point.1 面積を考慮にいれる

外壁の色を選ぶ時には、A4サイズの本に掲載されている色のサンプルを見せられることが多いです。じつはこのサンプルがくせものです。

色は「面積」によって見え方が変わってくる特性をもっています。

簡単に説明すると

  • 小さい面積では色は暗く見える
  • 大きな面積では色は明るく見える

となるのです。

サンプルでは「淡いベージュ色」を選んだつもりが、外壁という大きなキャンパスに色を当ててみると、淡いどころか「非常に薄いベージュ色」になってしまったという事例も少なくありません。このような面積効果を踏まえて「若干濃いめの色」を選んでおくといいでしょう

Point.2 色のマッチングを考えておく

外壁塗装では、壁の色を替えることができますが、窓枠やサッシ、玄関ドアの色を塗装することはできません。そこで、外壁の色を考えるときには、こういった既存の色とマッチングするような色を前提に選んでいくといいでしょう

例えばサッシの色は白や黒であることが多いのですが、ブロンズ色の場合もあります。この場合、選択できる色にある程度の制限がかかってくる場合がありますので、専門家に相談してみることをオススメします

Point.3 環境との調和性を考える

「とにかく自分好みの家にしたいから」といった理由で、外壁を極端な色にする方も少なくありません。しかし、緑あふれる環境の中に、一軒だけピンク色の家があると、周りの景観を台無しにしてしまいますし、その家のメリットも打ち消してしまうことにもつながってしまいます

そこで、一度周囲の建物や風景を見回してみて、その風景を心にとどめたのち、調和性を考えながら外壁の色を決めるようにするといいでしょう。そうすることで、街並みがさらに美しく際立つものに変化していきます。

人気の高い外壁の色はこれだ!

近年、とくに人気の高まっている外壁の色をいくつか紹介しておきましょう。こちらを参考にぜひ理想の家の色を実現してみてください。

暖かみのあるベージュ 優しい雰囲気のシロクロ
暖色系の色の画像 シロクロの画像
ワンポイントに赤をいれた家 現代風のシンプルモダン
赤がワンポイントの画像 シンプルモダンの画像
 
ページの先頭へ
調布市・府中市の外壁塗装業者を比較