HOME » 外壁塗装リフォームはじめて講座 » 気になる塗り替えの目安は?

気になる塗り替えの目安は?

外壁の塗り替えは家の寿命を伸ばしてくれる、もっとも重要な行程のひとつです。このカテゴリでは、そんな外壁の塗り替えについて、必要性や塗り替えの目安などをくわしく解説していきましょう。

住まいの外壁塗り替え、なぜ必要?

家にとって重要な部分のひとつ、外壁。この外壁が紫外線や腐食、経年劣化などによりダメージを受けてしまうと、大幅に家の寿命は縮んでしまいます

外壁塗装には塗料が使用されます。この塗料は家の景観を整える効果があると同時に、1ミリにも満たない極薄の皮膜となり、紫外線や風雨から守ってくれるのです。しかし、その効果も永続的なものではありません。一般的に日本の平均的な戸建住宅の寿命は30年、それに対して塗料に含まれる皮膜の効果は5〜6年ほどしかないのです。

つまり、家にとって重要な外壁をいつまでも守るためには、定期的な外壁塗装が必要不可欠というわけです。

外壁塗装の目安っていつごろ?

家にとって重要な外壁を、いわば健康な状態に保つための外壁塗装の必要性についてはお分かりいただけたと思います。それでは、どのようなタイミングで塗装を行えばいいのでしょうか?

平均的にみて、新築の戸建住宅の場合には5~10年ごとのスパンでこまめな点検を行っていくといいでしょう。しかし、住んでいる地域や気候状況などによって大きく変化することもあるので、気になったら業者に点検を依頼してみるといいかもしれません。

また、住んでいる印象や外壁の状態も大きな目安となってくるでしょう。簡単なチェック項目を紹介しておきますので、自宅の家の外壁を点検するさいの参考にしてみてください。

  1. 外壁に触ると粉っぽいものが付着する
  2. 外壁の色がうすくなってきたように感じる
  3. よくカビや苔などが付着している
  4. 非常に汚れが目立つ
  5. 目に見えて皮膜が劣化しているのがわかる
  6. サッシなどから水が出ている
  7. ヒビが入っている

1がもっとも初期の状態で、数字が上がっていくにしたがって危険度が上昇していきます。こまめに外壁をチェックして、異常が確認できたら速やかに業者に修繕を依頼しましょう。

 
ページの先頭へ
調布市・府中市の外壁塗装業者を比較