HOME » 調布市の外壁塗装カタログ&ガイドライン

調布市の外壁塗装カタログ&ガイドライン

多摩地区の東に位置する調布市は、武蔵野台地と多摩川低地で構成された場所です。三鷹市をはじめ府中市や狛江市などへのアクセスも良好で、深大寺など歴史ある名所が数多くあることでも知られています。

調布市の外壁塗装の実例

調布市ではどのような外壁塗装の住まいがあるのでしょうか?いくつかその実例を紹介しましょう。

Aさん宅の画像 Aさん宅
家族の意見を取り入れて、淡いブルーを基調に、スチールグレーの屋根にしました。シンプルな色合いの住まいに生まれ変わりました。
Bさん宅の画像 Bさん宅
あえて主張の強めなブラウンのカラーリングを置き、屋根などをモスグリーンでまとめあげました。駐車場も欲しいので、既存のブロック塀を撤去して、敷石を詰めておしゃれな景観になるように仕上げています。
Cさん宅の画像 Cさん宅
夏場の日差しをまともに受けていた部分に遮熱塗料を使用。明るい色で光の反射率を向上させることで、熱を逃がす効果もあります。同時に、屋根もホワイトに合わせた結果、素敵な色合いの家に仕上がりました。

調布市が提唱する景観ガイドラインについて

地域の景観を保つために調布市では、景観の基準をまとめた「調布市景観計画」を策定しました。これは、地域ごとに住宅の推奨色をあらかじめ設定することで、調布市がもつ景観を良好に保つことを目的としています。近年では、この景観ガイドラインを設けている地方自治体も多くなってきています。

比較的自然が多い調布市では、「緑が多い場所では、原色にちかく極端な色彩の建物や、背景よりも主張が強い外壁の色は検討が必要」であるとされています。

黄色から黄赤色までの色相の、比較的暖色系にちかい色が好ましいとされており、あたたかみのある景観を大切にしているということです。

 
ページの先頭へ
調布市・府中市の外壁塗装業者を比較